tab tab
馬場内科logo_0
馬場内科logo_1 馬場内科logo_2

医療法人 爽々会 馬場内科

「極細ファイバースコープ」による「経鼻内視鏡検査」を受けてみませんか?:


santa 胃の内視鏡検査が苦手の方に、細いファイバースコープを使った、鼻から入れる内視鏡検査をおすすめしています。この検査は以下のような点で優れています。

内視鏡検査が苦手な人にとって、検査が辛い理由のひとつとして「咽頭反射」があります。これは舌の奥にある舌根にファイバーが触れると「オエッ」っという吐き気を催すものですが、鼻から行う内視鏡では、舌根を刺激することなくファイバーが通過するため、咽頭反射がほとんど起こらず楽に検査を受けることができます。

鼻から行う内視鏡検査の良い点はまだあります。検査中に声をだすことができますので、気になる点を質問したり、なにか辛いことがあればそれを伝えることができます。また麻酔薬や胃の動きを止める注射が不要ですから、これらの薬の副作用の心配もなくなりますし、意識がはっきりしているまま検査が行えますし、検査後の安静や行動制限なく、すぐに通常の生活に戻ることができます。

また使用するファイバーは、先端の直径が 5.9mm,太めのうどんと同じ太さで、従来のファイバーの直径に比べると 4mm近くも細くなっています。当院では、内視鏡検査に「慣れた」方で希望される場合は、同じファイバーを口から入れて検査を行っていますが、口からの検査においても、今までよりずっと楽だったという感想をいただいています。

以上のように、「極細ファイバースコープ」による「経鼻内視鏡検査」は、からだに優しい検査だといえます。お試しください。

2006.6 馬場内科